1. アートホテル弘前シティ
  2. 周辺観光
  3. 弘前さくらまつり
弘前さくらまつり


Hirosaki Cherry Blossom Festival
弘前さくらまつり

弘前公園の園内には約50種類2,600本ものソメイヨシノ、シダレザクラ、八重桜などの桜が咲き誇り、桜のトンネルや水面に映る風景、ライトアップされた夜桜も美しく、観る人の心を奪うことでしょう。
津軽富士と呼ばれる岩木山が背景となる弘前城の光景は、城が移動している今の時期しか見ることができない絶好のアングルとなっています。


さくらまつりの歴史

1715年(正徳5年)に、津軽藩士が京都から取り寄せた25本のカスミザクラなどを、城内に植えたことが始まりと云われています。
時が明治になり、旧藩士 菊池楯衛が荒れ果てていた城内にソメイヨシノ1,000本を植栽し、明治30年代には更に1,000本の桜を植栽しました。大正にはいると、市民からの寄付が続いたおかげで弘前城の周りは見事な桜で埋まり、1918年(大正7年)に初めての観桜会が開かれました。
翌年には、食堂・喫茶店・花見団子屋・見物興行などで賑わい始めました。
昭和になると、夜のイルミネーションを投光器に替えて、天守閣などこれまでよりも明るく照らされるようになりました。太平洋戦争中も続けられていましたが、一時中断され1947年(昭和22年)より再開されています。
その後も「桜」の寄付は続き、外濠も桜で埋め尽くされるほどになり、1961年(昭和36年)に「弘前さくらまつり」と改称されました。


弘前さくらまつりの見どころ

毎年200万人もの観光客が訪れる「弘前さくらまつり」は、その全てが見どころといえます。
昨年からの約10年間は天守曳屋で移設された弘前城と、背景となる岩木山、そして周りに咲き誇る桜を絶好のアングルから眺望することができます。外濠を囲む桜、西濠の水面に映る桜や桜のトンネル、夜にはライトアップされた夜桜が美しいのです。夕方には、夕日のオレンジと桜のピンクがコラボレーションすると一層の美しさを魅せてくれることでしょう。


特別ライトアップ

期間 2017年4月22日(土)~5月7日(日)【2017年は終了いたしました】
時間 午後6時30分~午後10時まで

会場・場所

会期 2017年4月22日(土)~5月7日(日)【2017年は終了いたしました】
会場 弘前公園
料金 ※有料区域のみ