Hirtorical Scenic Beauty
歴史的風致

津軽の夏は短くも熱く、5月からは宵宮、8月は弘前ねぷたまつりなど、 地域が一丸となって取り組む祭が盛んです。
歴史的風致維持向上計画の認定都市にもなっており(2010年2月4日認定)、弘前さくらまつりにみる歴史的風致、弘前ねぷたまつりにみる歴史的風致、宵宮にみる歴史的風致、お山参詣にみる歴史的風致、津軽伝統工芸職人たちにみる歴史的風致、といった人と人との営みと歴史により、弘前市固有の歴史的風致を形成してます。


宵宮(ヨミヤ)
5月中旬~10月中旬

津軽地方では、氏神様の大祭前夜祭である宵宮(ヨミヤ)を楽しむことができます。
毎年、5月中旬~10月中旬に毎日のように各神社で行われます。(祭典場所により異なります)約80ヶ所にも及ぶ各神社の宵宮は、多いところでは100を超える露天が参道に並び、たくさんの人でにぎわう津軽の夏の風物詩ともいえます。
浴衣を着て、射的や金魚すくいなど、楽しんでみてはいかがでしょうか。

浴衣れんたる
6月1日~8月20日
【2017年は終了いたしました】

浴衣を着て風情ある弘前の街を歩いてみませんか?
宵宮、ねぷたまつり、弘前市内の散策などでも気軽に浴衣姿でブラブラするのも楽しいひととき。

浴衣れんたる

【2017年は終了いたしました】